G"art MEILOG

2015年11月15日

妖精はいるのか?

わたしは、ファンタジーな世界が大好きだ。
物作りをしている人で、不思議世界の住人って、結構いる気がするんだけど、
わたしは、ファンタジー好きだが、現実主義的な、考え方というか、心がすさんでいるせいなのか、いまだ、そちらの世界にいけないでいる。

さて、ファンタジーの世界の中に、妖精というものがいる。

この妖精というものの存在は、古今東西いたるところに、語られているのではないか?

陽気なものから、おそろしいもの、形も色々あるけれど、
文化も、人種も違う、この世界に、昔から語られている、目に見えない存在。

いったいなんなのであろうか?

わたしに、見える日がくるのだろうか?

不思議である。

今日の作品は、そんな妖精を自分なりにつくってみた。

素材は、スカルピーという、オーブン粘土。

たくさんの種類があってつかいやすい。

たまには、粘土をやって、無心になるのもよいのでは?

502BC82B-BA7D-4081-B485-527FAEB4B7C1.jpg9524EAF7-DEE6-429D-84C8-2E9644470A0A.jpg319D39B3-65D2-46D2-9897-263E7156DD94.jpgDF15D82C-3EE2-424F-AC35-953A30A80DD1.jpgF9F41F89-167E-4E41-BCC8-7C0634ABDFC5.jpg


posted by MEI at 14:37| Comment(0) | エアブラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。