G"art MEILOG

2016年04月25日

風立ちぬ

すっかり、暖かくなりましたね。
四月も終わりの週をむかえ、来月は五月。

わたしは、五月で36歳になります。

突然のお知らせですが、わたくし、G”−ARTのめいは、今月をもちまして、G”−ARTを退社いたします。

弟子入りを決意してから9年間、わたしなりに、一生懸命G”−ARTのめいとしてがんばってきました。

九年前、わたしは絵描きとして、アマチュアをぬけられない自分に、憤りを感じつつ、その状況を変える方法もわからず、ただ、日々を過ごしていました。

自分は、人見知りがはげしく、話すことも苦手で、それでも絵描きになりたくて、人目にあまりつかない場所で、密かに絵を描き続けていました。

そんなとき、G”−ARTの見習い募集の広告をみて、これだ!!とおもい、その足で、G”−ARTの門をたたいたのです。

人生には、何度か岐路があると、昔誰だかがいっていたのを思い出します。

人は、心の底に何かを感じた時に、風が吹くのだと思います。

その風を信じて、突き進む先に 何かがあるかもしれません。

わたしにとっての人生の岐路は、まさしくG”−ARTのめいになったことだと思います。

絵描きという仕事に向き合った時、わたしは沢山の現実と、沢山の支えと、自分がなにものでありたいかということを知りました。

子供のころから、変わり者だという感性を、コンプレックスにおもっていましたが、それも、自分のカラーなのだということに気がつき、友達や家族、先輩との交流、支えてくれるすべての人が、一番大切なのだということも知りました。

はじめてエアブラシをにぎったとき、うまく線もひけず、あきっぽいわたしに本当にできるのか??
とおもいましたが、いま、わたしにはそのためらいは一切ありません。

どんなことでも、きちんと向き合うことさえすれば、必ずできるようになります。

振り返ると、たくさんの絵描き仲間が、門をたたき、去って行きました。

絵描きの道は、決して華やかなものではありません。

けれども今でも、一生懸命続けている、多くの絵描きの先輩や、仲間がいます。

これから、何かをはじめようとしてるひと、また、何かの壁にぶち当たっている人。
やめないで、続けてください。 絶対にできるようになるし、続けていれば、必ず何かの形で自分のもとに帰ってくるでしょう。

この言葉は、いまうちで練習している絵描き仲間の 松井さん、土器ちゃん、さとしさんにおくります。
一緒に現場に出ることができて、本当にたのしかったです。最初はできなかったことができるようになり、一緒に現場をこなすのを見るのが、本当にうれしかったです。ありがとう

また、私が見習いのころから、支えてくれていた、友達、家族、先輩方。

いままで、何度も くじけそうになったときに支えてくれたのは、みなさんがいてくれたおかげです。

ありがとうございました。

そして、現場で一緒に働いた職人仲間のみなさん。
一風変わったG”−ARTのスタイルに、ついてきて下さってありがとうございました。
沢山の、技術や、知識や、経験を学ぶことができました。

みなさんの協力で、素晴らしい店舗が、街にたくさんあります。

自分がデザインしたものが、街中の誰かのもとに行くことの喜びは、言葉では表すことができません。
わたしは、いままで自分がしてきた仕事を誇りにおもっています。

世の常識からは、浮いているかもしれないけれど、この生き方が正しいなんてものは、だれにも決められないし、自分の中だけにあるのだとおもいます。

嫌われるかもしれないし、時には、馬鹿にされるかもしれないけれど、自分のスタイルをもつすべての人に そのまま自分らしく美しく生きていってほしいです。

最後に、私を9年間育ててくれた 師匠のひでさん

私達には、本当に沢山の思い出があります。

時に笑い、喧嘩をし、一緒に作り上げてきた者たち。共に闘い、苦水を飲んだこと、貧乏で仕事がなかったこと、すべてが私の中でいい思い出となってのこっています。

ひでさんには、感謝しかありません。

沢山の技術、経験、感性をありがとうございました。

変わり者のわたしに、合う感性は、師匠しかいないです。

家族や、友達、支えてくれる仲間や、お客さんを大切に、G”−ARTが これからますます発展していくことを祈っています。


G”−ARTの仕事は終わりますが、わたしはこれからも絵を描くことはやめません。

この先何度も、挫折しそうになるとおもうけれど、
何よりも大切な 自分のスタイルを 見つけることができました。

落ち着くまで、デザインの仕事と、エアブラシは休業しますが、
またどこかで 必ず復帰します。

いま頼んで頂いている仕事は、責任をもって納めさせていただきます。

ブログを読んで下さったすべての方、ありがとうございました。

わたしは、絵描きになって本当によかったとおもいます。

また、違った形で、皆様にお会いできる日をたのしみにしています。

長い間、本当にありがとうございました。

2016.4.25

G”−ART MURAL PAINTING 2番弟子 めい


ju 101.JPG


 


posted by MEI at 16:37| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

ペットの絵

やっとあったかくなってきたと思ったら、今日はめちゃめちゃ寒い。。

久しぶりの、深夜の外現場の日に限って、寒いなんて、神様っていじわるね?お賽銭たりなかったのかしら?

はてさて、本日はペットの話題でございます。

古代から、人類は動物と共に生きてきており、その共存目的も、多種多様でありました。

なかでも ある種の動物と家族同様に暮らすという行為は、その人たちにとってとても重要なことで、そこから沢山のことを学ぶ気がいたします。

G−ARTでもこれまで、猫、亀、カラス、とかげなど 沢山の動物とともに暮らしてきた思い出があります。

一つだけ、忘れてはいけない事は、その種族には、その種族の 特性や、生き方があり、それを人間様の都合で コントロールすることはできないということでございます。

たとえば、うちで飼っていたカラスが、掃除しているそばから、糞を落とそうが、大事にとっていたメンチカツバーガーを いつのまにか食っていようが、怒ってはいけません。

たとえば、うちの猫様が、カーペットに糞をこすりつけたり、ソファーで爪をといで ぼろぼろにしたり、寝ている顔の上を普通に踏みつけてきたとしても、

それは、その種族なりの生き方なのであり、そこから愛着が生まれたり、発見が生まれたりするのです。

愛とは、他者を自分の都合のいいようにコントロールすることではなく、他者を理解し、許し、たくさんの思い出をつくることであるとわたくしは、おもっております。

ところで、世の中には変わった動物を飼っている方がいますね?

わたくしが小学生のときにであった男の子のうちは、サーカス団をやっていて、家にライオンがいました。

筆箱のなかに 虫をしのばせている 少年もいました。

わたくしは、動物好きなので、たいがいうけいれることができますが、

一度、東京で一緒に住んでいた 動物好きな友人が 人間を拾ってきたことがあり、

丁寧におことわりさせていただいた思い出があります。

しかし、拾ってきた時刻が 深夜でしたので、とりあえず、その人間に 「サンチェ」と名前をつけ、一晩面倒をみました。

当時、私達は、20歳くらい。

サンチェは、たしか、30代後半の 女性カンツォーネ歌手だったと思います。

友人はバーで働いており、泥酔したサンチェの歌声に、アル中の母の面影を重ね、そのまま拾ってきてしまったと申しておりました。

サンチェも訳ありで、嫁ぎ先がどっぷりと宗教にそまっているのがたえられず、飛び出してはきたものの、愛する夫(飼い主)が忘れられず、「えいじ〜〜 えいじ〜〜」と吠えておりました。

ワンルームの 狭い部屋で吠えるサンチェ、たびたびトイレに駆け込み、ブリブリブリっと 糞をするサンチェ・・・。

ぜんぜんかわいくない・・・。

友人に、「なんであんなもの拾ってきたんだ!!?」と問い詰めるも、友人は「だってよ〜〜母ちゃんににてたんだよ〜〜」という始末だったので、どうしようもありません。

そこから長い夜がはじまりました。

人間、不思議なもので同じ空間に長くいると、ある種の愛着のようなものがわいてきます。

最初こそ 不機嫌だったわたしも、だんだんサンチェのことがかわいくなり、明け方近くになると、昔からしっている友人のような気持ちでサンチェに接していました。

サンチェは疲れたいたのか、酔っ払っていたのかわかりませんが、その後誰よりもはやくねむりにつき、その
いびきや、時折 「ぷぅ〜〜」とお尻の方から音色をかなでたりするので、当然わたくしたちは、ねむれません。
もちろん、怒ってはいけません!!
これは、飼い主の宿命。
その種族の生き方を 否定してはいけないのです!!

翌日、しらふにもどったサンチェが 空腹を訴えたのと、本当の飼い主(夫)が迎えにくるというので、
気を利かせた私達は、なけなしのバイト代で サンチェ夫妻に寿司という高級な餌をテイクアウトし、
夫婦水入らずの再開も必要だろうと、小一時間 家を提供し、暇をつぶした後、家にもどることにしました


「サンチェたち、仲直りしたかなー??」なんていいながら、家に着くと、

なぜか、家に鍵がかかっておりました。

おかしいな??と、ドアノブを何回もまわし、おーい!!おーいと呼びます。
すると、五分くらいたった後、サンチェと飼い主が中から気まずそうにでてきました。

なぜか、目を合わせようとしないサンチエ・・。
ぼーっとすわっている飼い主らしき男・・。

おまえら・・人のうちでナニシテタンダイ・・・?

サンチェが、「えいじ〜〜えいじ〜〜」と一晩中ほえていたので、どれだけいい男なのかと 内心おもっていましたが、えいじは、ただのさえないおっさんでした!!

この飼い主、そんなにいいか??と 私達は思いましたが、それは、私達には、はかることのできないふたりだけの時間があったのでしょう。主人のもとに戻るのが、サンチェにとってはよかったのです。

ふたりが帰った後、軽くペットロス的な気持ちになった私たちは、
なんだか忙しい一日だったなと、友人と語り合い、うちらもお腹すいたね?と 友人と共通にしていた財布をあけてみました。

すると友人が、遠い眼をして、

「お金が・・ヘッテイル・・」とつぶやきました。

「ナニイイイイ!!!サンチェかああ!!えいじかああ!!?」

そこではじめて私達は、自分たちの、馬鹿さ加減と 飼い犬に腕をかまれることもあるんだ!!という ほろ苦い大人な世界を知ることになったのです。

若いって スバラシイネ!!まったく!!


その後、その出来事を忘れかけたころ、一つの小包がとどきました。

中には、お礼の品と、サンチェからの手紙が入っていました。
内容はどんなものだったか、今は忘れてしまいましたし、どうでもいいです・・

あの頃の私達、世間知らずな、私達。

手を差し伸べた飼い犬に、手をかまれることもありましたが、いまだに動物は大好きです!


その後サンチェがどうなったのか、知りませんが、
きっとあの さえない飼い主と 幸せに暮らしているでしょう。

友人は、その何年か後に 地元長野に帰り、
地元で、子犬のような外国人を拾い、結婚し、いまアメリカで 犬3匹と 旦那と幸せにくらしております。

ペットは、家族の一員であり、人からは学べないことも沢山おしえてくれます。

わたしも、いろんな動物とふれあってきて、大人になりました!

その中でわかったことは、かわいそうだからといって無責任に手をだしてはいけないということと、

人間だけは、やたらめったら拾うもんじゃないぞ!!

特によっぱらいだけは、気をつけろ!!ということです!!

ペットを飼う場合は、種族の生き方を尊重して、責任をもってくらしましょう!!

さてかなり長くなりましたが、本日はそんなペットの作品たちです!

大切な 家族の一枚を、絵にしてかざってみませんか??

4c629670f889ab1368f4dbc50484c6899f146ef7_6_70452034_16_large.jpg

5b22146af83804c57f64c103fc98e10f4f1e3a50_6_70452036_149_large.jpg

8a637342c7e81afc4b2917c48f1db54bd876447b_6_70452035_189_large.jpg

1043196_803008051_72large.jpg

1043196_1206582268_32large.jpg

それではみなさま体に気をつけてくださいね!!


(↓)投票していただくとうれしいです!クリックお願いしまーす。

にほんブログ村 美術ブログ エアブラシ画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

G”artのホームページもご覧ください!!


 

posted by MEI at 17:23| Comment(2) | エアブラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

店舗改装

先週は暖かかった気がするのに、また寒くなりやがって、テンション下がり気味の今日この頃ですが、みなさまはいかがおすごしでしょうか??

最近、都内に行く機会が多く、この間、ぶらっと原宿なんぞに足を運んでみたところ、そこは私の知る原宿ではありませんでした。 おそらく、10年くらいは行ってなかったのですが、都会の移り変わりは激しいのですね・・
すっかり、浦島太郎ですよ。

しかしながら私は物申したい!!!
なぜ、あんな風に変える必要があったのかと!!
これでは、どこの都市も 同じになってしまうではないか!!
大通りには、どこにでもあるようなブランドが いばりくさって建っているし、道行く人々も、なんか普通・・・。

ちがうんだよ・・原宿はいつまでたっても あの原宿でいてほしいんだよ・・。

わたしは、東京という街は 世界で一番凄い街だとおもっています。

ちいさな街ですが、そこには たくさんの雰囲気があるからです。

歌舞伎町や、六本木、銀座の雰囲気。

下北沢や、高円寺のもつ雰囲気。

浅草とか上野の雰囲気。

渋谷、原宿の雰囲気。

田舎とはちがう なにかをもとめて たくさんの感性があつまってできた街なのです!!

今の仕事をはじめて、出張に行く機会が増えておもったことがあります。

それは変わった個人店がどんどんなくなり、同じような大型の飲食店やショップばかりが立ち並び、
どの地方も、おなじような印象をうけるということ。

これで文化が育つのかと、わたしは問いたい!!

デザインの世界もそうですが、どのジャンルも もうすべてがでつくしています。
ちょっとのことで、過剰に反応して、自分以外の価値観をみようとしないクレーマー連中もたくさんいます。
そこは変えることのできない現実ですが、本当に自分がほしいとおもっているスタイルを貫き通すことの先に、次世代につながる何かがあるのではないでしょうか??

ちょっとばかりあつくなりましたが、
そんなわけで、わたしはいつまでも 個性あふれる個人店が大好きです!

前置きはここまでで、
今回の作品です!

知り合いのお店が、20周年をむかえ、リニューアルオープンをむかえます!

お父さんの代から、娘の代にむけて お店の雰囲気もがらっとかえるそうで、
そんなめでたいお店の改装のお手伝いに、参加させていただきました!

職人さんも、面識のある方ばかり、いつもプライベートでの顔しかしらなかったけど、仕事の姿勢とか、技とか、一緒にやって本当に刺激をうけました!

lp 035.JPG

lp 056.JPG

lp 031.JPG

lp 032.JPG

lp 057.JPG

lp 058.JPG

とってもすてきなお店になりました!

オープンは18日、それまで、あと少しやることが残っています!

とても勉強になったし、参加させてもらって本当によかったです!

仕上げまでがんばるぞ!! とりあえず、雨やんでくれ!!!


(↓)投票していただくとうれしいです!クリックお願いしまーす。

にほんブログ村 美術ブログ エアブラシ画へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

G”artのホームページもご覧ください!!


posted by MEI at 17:46| Comment(0) | 制作ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする